引っ越しを行う時の手続きの一つに、転出届の申請があります。

 

ただ、そういった手続きが必要なのは新住所が異なる市町村の場合です。

 

同じ場合は、転居届を申請します・手続きを実施するタイミングは、引っ越しの2週間前や引っ越し先が決定したらすぐなど、市町村によっても同じではないので、早めに確認をするのが確実です。

 

家を移転する際、大型自動車を停めたり、荷物を廊下に置いたりするため、事前に隣の家に挨拶に行くのが一般的です。

 

車の乗り降りや通行の支障になりますので、事前に同意を得ておくと引越しが終わった後のトラブルも防げます。

 

引越し業者に依頼した時は、そうした事も代行してくれます。

 

家を買ったので、よそに行きました。

 

東京都から埼玉県へ移転します。

 

メンテナンス等でご厄介になっているディーラーの方にナンバーの変更の有無を尋ねられました。

 

運輸局にて手続きをする必要があるというわけなのですが、実際にはほとんどの人はやらないそうです。

 

私も東京のナンバープレートをそのまましています。

 

引越しの当日にやることはポイントとして2つです。

 

まずは退去する部屋では荷物を運び出した後に管理会社の立ち合いで部屋の状態をチェックすることです。

 

ここでひどい汚れや傷の点検をしますが、このチェックが敷金での保証や別途クリーニング費用の請求に左右します。

 

新しい家ではガスの元栓を開けることが大切です。

 

これは業者の立ち合いが不可欠なのです。

 

引越しをしたときは、思いきって古くなったテレビを処分し、新型の大画面テレビを手に入れました。

 

新しい家はとてもリビングが広いので、大型で緻密な画像で、テレビを楽しみたくなったからです。

 

テレビを新しくしただけで、かなりリビングの感じが変わって、豪華なイメージになって非常に満足です。

 

引っ越しの時には様々な手続きが必要ですが、働いている場合に面倒なのが市役所でしかできない手続きです。

 

住民票の転出と転入の手続きがあるので、最低でも二回はわざわざ行かなければなりません。

 

市役所は平日しか開いていないので、引越しの他にまた休みをわざわざ取らないといけないという羽目になってしまいます。

 

引っ越しを左右するのは、流れをわきまえているかどうかによって結果が出ます。

 

流れは、他の言い方では段取りとも言うのです。

 

この段取りが下手だと、滅茶苦茶時間が掛かる場合もあります。

 

ただ、こういう事態では、理屈ばかり通すよりも経験で学ぶ事なのかもしれません。

 

家具の移動についてはここがおすすめ → こちら